無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2014年12月 5日 (金)

AdwCleanerの効果/FoxTab/Askやbabylon toolbarの削除

雨漏りの修理屋のブログ

この所頻繁にディスプレーにポップアップが出る。

ESETセキュリティソフトが「アドレスはブロックされました」とポップアップを表示する。

FoxTabが外部にPC内の何かを送るのをESETセキュリティが止めているようです。

        Foxtab11

FoxTabなんてインストールした記憶が無い。あまり頻繁に出てくるので煩わしい。

 

ESETセキュリティのサポートに、このポップアップが出ない設定を問合せると、

ログファイルを送るように言われたので、送って検証してもらう。

<アドウェアがインストールされており、また、システムスケジューラタスクに
 不審な情報が登録されていることを確認いたしました。>

ということで、怪しげなファイル4個を削除するように指示されたが、

2個しか見つからない、仕方が無いので2個だけ削除する、2個残っている。

2個残っているが、ポップアップは出なくなった。

FoxTabは消えたようだが・・・な~んか釈然としない。

 
 

そこで、アドウェア駆除ソフトを使っての残りの2個の削除を試みました。

アドウェア駆除ソフトを探していると、

友人からフリーソフトの「AdwCleaner(Version:4.104)」を勧められました。

        Adwcleaner16_2

「AdwCleaner」を使ってみる、使用感は日本語表示でもあり大変使いやすく簡単。

Scan、除去後に再起動するとクリーンアップレポート(txtファイル)が表示される。

消すに消せなかった「Ask.com」、鳴りを潜めていた「babylon toolbar」も削除されている。

全く気づかなかった「Funmoods Toolbar」等々意外なものも駆除してくれる、便利だ。

 

2014年7月 4日 (金)

ipado miniのイヤホン選び/アップルMD827FE/A

雨漏りの修理屋のブログ

ipado miniで音楽を聴くのに便利なのがNHK「らじるらじる」と「radiko」である。

ipado用のタブレットをインストールするだけで聴くことができる。

気になる放送はパソコンで録音して、車で移動するときはSDに入れて車中で聴く。

NHKのFMは、番組によって1時間から4時間の番組になる。

特別な作品以外、通常は分割してからSDに入れることはない。ということは

お目当ての作品以外も録音されるので、番組すべてを聞くことになる。

珍しい作曲家の作品、先日もパチーニ作曲「レクイエム」を放送してくれた。

オペラファンではないので作曲家パチーニの作品は聴いたことがなかった。

こんな機会でなければ、一生聞くことはなかっただろう作曲家と作品が聴ける。

録音したものを聴いたが、なかなか結構な御手前でした。

  
  

問題は電車移動の時、ipado miniに録音した音楽を聞く場合、いい年をして、

音漏れで廻りに騒音を撒き散らすのではないかと不安になるが、

電車の中で聴いてみたい誘惑がかってしまった。

そこで、ヨドバシで試聴後、以下の3種類を購入してみた。

a、ゼンハイザー:MX375  b、JVC:HA-FX3X  c、アップル:MD827FE/A

価格はipado miniの1~3割り程度が頃合いのバランスと判断した。


 

独断と偏見
  

1、イヤホンの選び方

長期間使ってみなければわからないが丈夫であること・・・

次に装着感が自然なこと、3番目には軽量であること、音はその次。

高額なイヤホンを購入しても見返りは少ない。

 

2、全体的な印象

ステレオのイヤホンは初めて使用します、今まで使う必要がなかった。

ヨドバシで試聴時、高額製品も同じように感じたのだが・・・

 

10種類近く聴いて感じたのは、人の声も楽器も近すぎる、この距離は不自然。

イヤホンはヘッドホン以上に音が後頭部から頭頂に集中、

自分は指揮者の直ぐウシロにいる、自分の背後に音が拡がるような感じ。

換言すると、オーケストラに背を向けて、客席を見ながら音楽を聴く、

しかし、耳はステージの方向を向いている、不自然のきわみ。

その上、耳元で音が強調される、ステージの拡がりは極小。

何回聴いても違和感は拭えない。

  

もともとイヤホンに付けられるマグネットで大きなスケールを望むのは所詮無理。

送り側はipad mini、価格からしてもアンプに力を入れているとは思えない。

一時凌ぎで音楽を聞くのであれば、上記3種で充分ではないかと思っている。

 
  

3、音についての印象

音は 百人百様、好みだから何とも申し上げようがない。

それより、これほど鼓膜近くに振動源があるのは危険極まりない。

イヤホン難聴、ヘッドホン難聴になる前に充分気をつけよう。

難聴原因として
①大きな音を聴く ②長時間聴く ③高い周波数を聴く の三つ。

  
  

3機種の中で、アップル:MD827FE/Aは独特な音色を持つ。

       Img_70041_2

(24時間ipad miniでラジオをつけっ放し、7日間のエージング後の感想)

聴かせようとする音造りが感じられない、さりとて 無味無臭の音でもない。

品の良い音、余計な強調音がない、それもアッサリ、サッパリ、お行儀よく。

どちらかと言うと、梅雨空ではなく、スカッと晴れ上がった秋の空を思わせる。

何より、ラジオで人の声に違和感が少ない、これは相当難しい技。

無意味な低音が幅を利かすなかで、本機は必要にして十分な低音を維持し、

音量をやや絞っても、緻密さを失うことがない、程よいバランスを保つ。

もうひとつ、イヤホンで遮断された世界にいるのではなく、外部の音が耳に入る。

朝の混雑している電車、どう見てもイヤホンMD827FE/Aを聴いている人が横にいる。

耳をそばだてて聴いてみるが、全く聞こえない。音漏れも少ないようだ。

これは危険予知のためにも、対人関係でも重要な課題である。
 

アップル:MD827FE/Aは上記1、の傍線部を大幅に改善している。

それは、近い将来アップル発売のイヤホンがリスナーの前面で広大に展開する

優秀なイヤホンの出現を予感させる。

  
  

ipad miniにヘッドホンAKG K-501を繋いで聴いてみる。

素晴らしい、イヤホンと全く違う感覚、音も段違いに異なるが、

何より、耳の開放感が嬉しい。ヘッドホンでも耳に圧迫感はあるが

イヤホンは耳の中に異物が入っている感じ、一時凌ぎでしか使用できない。

 

2014年6月12日 (木)

ipad miniがWi-Fi接続できない問題の解決策

雨漏りの修理屋のブログ

iPad mini WiFi ( iOS 7.1.1)が「Aterm MR03LN」と繋がらなくなった。

数日前までは快適につながっていたのに・・・

(NEC Aterm MR03LNにOCNのSIMを挿したモバイルルーター)

       Atermmr03ln

それもBluetoothは繋がるがWiFi(LTE)が繋がらない。

自室のWiFiルーターは繋がる、2FのWiFiルーターにも繋がる。

OCNとNECのサポートに何回もTELしてみる、親切に応対してくれるが解決しない。

最後に妻のマイクロソフト「Surface Pro 2」に接続してみると、なんと繋がるではないか。

NEC Aterm MR03LのせいでもOCNのSIMのせいでもない。

ということは、私の不調法か iPad mini  の不具合か、

いずれにせよ当該のWi-Fiネットワークを消さなくてはならない。・・・これが消せない。

ネットを見ると消せるように書いてあるがどれもダメ。
  
 

こうなるとiPad mini の初期化しかない。

iPad mini には写真も何も入っていないので、気兼ねなく初期状態に戻せます。

1、iPad/iPad mini のホーム画面にある「設定」をタップする。

2、「設定」から「一般」を選択し、「リセット」をタップする。
   「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする。

3、「iPadを消去」画面で「消去」をタップする。
  続けて確認画面が表示されるので、「消去」をタップする。

※ 確認画面で「消去」をタップすると、iPadのすべてのコンテンツ・設定が消去する。
 

 

消去完了、新たに iPad mini のすべての設定を行います。

当然、消えたアプリも再度インストールして呼び戻す。

NEC Aterm MR03LN と iPad min のWiFi(LTE)接続は難なく成功。

NEC Aterm MR03LN と iPad min の Bluetooth はペアリングで探せなかったが、

iPad minのWiFi接続をOFFにした途端 Bluetooth も繋がりました。

勿論、iPad mini と自宅の2台の無線LANも繋がりました。

・・・めでたしめでたし!

 

 

2014年1月30日 (木)

IE11へのUpdate阻止

雨漏りの修理屋のブログ

前回は「IE10」による不具合だが、今度は「IE11」で同様な事態が発生。

「IE10」への自動アップデートは止めていたが、「IE11」にアップデートするとは思わなかった。

画像がでないのはUpdateされた「IE11」と更新プログラム「KB2670838」がエラーの原因、

実際はTVtestのバグが本原因らしい、デモ今の設定を変更するより「IE9」に戻すほうが

手っ取り早い。メインブラウザは「Firefox」なので、「IE9」が「IE11」になってもわからない。

「IE」を開くと「IE11」になっている、ヤッパリ「IE11」にUpdateしたんだ。

使わない「IE」で不具合が出ては迷惑千万、何とかしなくてはいけない。

OSはWindows7、64bit、自作。

----------------------------------------------------------------------

問題を発生させないため、「IE11」をアンインストールする前に、

必ずWindows Updateを実行します。Windows Updateが完了したら、

「IE11」を一度起動してから、そのまま終了、その後「IE11」をアンインストールします。

 

「IE11」をアンインストール

「KB2670838」をアンインストールすると「IE11」も一緒にアンインストールされるらしい。

「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

           ⇒ 左上の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックする、

一覧の中に「KB2670838」「IE11」「IE11 ja-jp Language Pack」が表示されます。

これらすべて消去します。

この中の「KB2670838」のアンインストール、右クリックし、[アンインストール] をクリックして、

確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。

しばらく待ちます。すると、「KB2670838」「IE11」「IE11・・・」のすべてが消去されました。

[今すぐ再起動する] をクリックして必ず再起動します。

--------------------------------------------------
 
はじめに「IE11」をアンインストールすると「KB2670838」はアンインストールされませんので

「KB2670838」を探してアンインストールします。再起動しないと反映されません。
 
--------------------------------------------------

再起動後「TVtest」を見ると映像が映ります。間違いなく実行犯は「KB2670838」グループ。

「IE」をクリックしてみると、もとの「IE9」に戻っていました。設定も変更されていません。

----------------------------------------------------------------------
 

でも、このままですと又いつWindows が「IE11」を自動Updateするかわかりません。

そこで、Windows Updateによる「IE9からIE11」への変更を阻止します。

Microsoft 提供の「Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット」を

使って自動更新されないようにします。

すべてのWindows Updateサービスを停止するのではなく、「IE」だけが

自動で「IE11」にUpdateされないようにするための設定です。

前回の「IE10」にUpdateされないようにするための設定と全く同じなので

画像は前回の「IE10」を参照してください。


工程

1、「Internet Explorer 11 Blocker Toolkit 」をダウンロードします。
 

2、Cドライブ直下に新しいフォルダを作成します。

  「マイコンピューター」⇒「Cドライブ」⇒「新しいフォルダ」作成、

  名称は適当につけます。(例としてIE11Blocker)
 

3、ダウンロードした「Internet Explorer 11 Blocker Toolkit 」を実行し、

  「IE11Blocker」フォルダに解凍します。すると、3個のファイルができます。

    「IE11_Blocker.adm」「IE11_Blocker.cmd」「IE11_BlockerHelp.htm」
 

4、「スタート」⇒「アクセサリー」⇒「コマンドプロンプト」を右クリックして

  [管理者として実行]を選択します。必ず[管理者として実行]から起動する。
   

5、「コマンドプロンプト」のc:windouws\sistem32>の後に「cd●c:\IE11Blocker」と

  入力してEnterキーを押す。c:windouws\sistem32>cd●c:\IE11Blocker

  (●は半角スペース)
 

6、続いてc:\IE11Blocker>の後に「IE11_Blocker.cmd●/B」と

  入力してしてEnterキーを押す。c:IE10Blocker>IE11_Blocker.cmd●/B

  (●は半角スペース)
 

7、「この操作を正しく終了しました」と表示されれば完了です。

       Ie11

これで、Windows Updateによる「IE11」への自動更新が無効化されたはず。

  
 
 
 

2013年7月26日 (金)

IE10の Update・TVtestの画像がでない

雨漏りの修理屋のブログ

昨日まで映ったのに、PCのTV映像がでない、どうしたんだろう。

TVはあまり見ないので映らなくてもイイが、原因がわからないと気持ち悪い。

OSはWindows7、64bit、自作。

エラーは以下のように出ています。

   Pt3

0×80040200」を検索すると、

「Internet Explorer 10 = IE10」にUpdateされた場合に発生するようです。

Updateされた「IE10」と更新プログラム「KB2670838」がエラーの原因らしい。

そういえば、昨夜PCをシャットダウンするとき、WindowsがUpdateをしていたが、。

メインブラウザは「Firefox」なので、「IE9」が「IE10」になってもわからない。

「IE」を開くと「IE10」になっている、Updateしたんだ、余計なことをしてくれた。

使わない「IE10」で不具合が出ては迷惑千万、「IE9」に戻さなくてはいけない。

----------------------------------------------------------------------

問題を発生させないため、「IE10」をアンインストールする前に、

必ずWindows Updateを実行します。Windows Updateが完了したら、

IE10を一度起動してから、そのまま終了、その後「IE10」をアンインストールします。

 

「IE10」をアンインストール

「KB2670838」をアンインストールすると「IE10」も一緒にアンインストールされるらしい。

「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」⇒ 左上の「インストールされた

更新プログラムを表示」をクリックする、

一覧の中に「KB2670838」「IE10」「IE10 ja-jp Language Pack」が表示されます。

これらすべて消去します。

この中の「KB2670838」を選択、右クリックし、[アンインストール] をクリックして、

確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。しばらく待ちます。

すると、「KB2670838」「IE10」「IE10・・・」のすべてが消去されました。

[今すぐ再起動する] をクリックして再起動します。

起動後「TVtest」を見るとナント映像が映ります、いとも簡単に復旧しました。

間違いなく真犯人は「KB2670838」グループでした。

そして、「IE」をクリックしてみると、もとの「IE9」に戻っていました。

設定も変更されていません。

----------------------------------------------------------------------

でも、このままですと又いつWindows が「IE10」をUpdateするかわかりません。

そこで、Windows Updateによる「IE10」への変更を阻止します。

Microsoft が提供している「Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット」を

使って自動更新されないようにします。

すべてのWindows Updateサービスを停止するのではなく、「IE」だけが

自動で「IE10」にUpdateされないようにするための設定です。

 

工程

1、「Internet Explorer 10 Blocker Toolkit 」をダウンロードします。

2、Cドライブ直下に新しいフォルダを作成します。

  「マイコンピューター」⇒「Cドライブ」⇒「新しいフォルダ」作成、

  名称は適当につけます。(例としてIE10Blocker)

   C

3、ダウンロードした「Internet Explorer 10 Blocker Toolkit 」を実行し、

  「IE10Blocker」フォルダに解凍します。すると、3個のファイルができます。

    「IE10_Blocker.adm」「IE10_Blocker.cmd」「IE10_BlockerHelp.htm」

4、「スタート」⇒「アクセサリー」⇒「コマンドプロンプト」を右クリックして

  [管理者として実行]を選択します。

   2

5、「コマンドプロンプト」のc:windouws\sistem32>の後に「cd●c:\IE10Blocker」と

  入力してEnterキーを押す。c:windouws\sistem32>cd●c:\IE10Blocker

  (●は半角スペース)

6、続いてc:\IE10Blocker>の後に「IE10_Blocker.cmd●/B」と

  入力してしてEnterキーを押す。c:IE10Blocker>IE10_Blocker.cmd●/B

  (●は半角スペース)

7、「この操作を正しく終了しました」と表示されれば終了です。

   11

これで、Windows Updateによる「IE10」の自動アップグレードが無効化されたはず。

しばらく様子を見て、又TVが映らなくなったら再度「IE」を確認してみます。

 
 

------

2012年5月22日 (火)

迷惑FAX対策/IR C2110FからIR C2020Fに機種変/複合機にもの申す

雨漏りの修理屋のブログ

前回は迷惑FAX対策でC社に相談して機種変したが、機種変してから2年半たった時点で

今度はC社から「機種変(IR C2020Fに)しようよ!」と申し入れがあった。

色々な社内事情があるだろう、長~い付き合いだからと渋々了解したが、

現用機種(IR C2110F)で別段問題ないし、不具合はありましたが大方解決済。       

         Canonc2020f  

               新機種 IR C2020F

IR C2020FはIR C2110Fより一回りおおきい、部屋の大きさからするとIR C2110Fがベスト。

そのかわりA-3紙が使える。と言っても、A-3紙を使うことはホトンドど無い。

(A-3紙の印刷には強い味方、古参のBJ F9000がある)

         Bjf9000

                 Canon BJ F9000

おまけに、IR C2020Fは消費電力も多い。機種変する理由はないが押し切られた。

IR C2110Fはトナーは自分で買って、トナーが無くなるまでスキなだけ印刷できた。

印刷枚数が少ないので、当方としてはどちらでもイイが、2年半使ってトナーの交換なし。

しかし、トナーは経年変化、劣化が激しいので、そろそろ交換時期のような気がする。

レーザー印刷用トナーは高額なので、この時期の機種変は頃合いかもしれない。
  

IR C2020Fはカウンター料金制、1枚??円でモノクロ、カラー別の料金が加算される。

トナーはC社持ち、前機種よりカラー印刷(レーザー印刷)が綺麗になった。

カラーのレーザー印刷機は4機種目になるが、印刷性能は確実に向上している。

文字印刷は、安物の紙を使っているので、インクジェットよりレーザー印刷の方が

ハッキリとニジミなく綺麗に印刷できる、これは前機も前々機も変わりない。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当然のことながら新機種(IR C2020F機)は前機同様、迷惑FAX対策も万全。

又、カウンター制なので、極力FAXからの通知は印刷しない。

FAX送信後の通知(送信ジョブ終了通知)もメールで知らせる。

送信に失敗した場合の通知もメールで確認する。
    

パソコンで作ったデータは印刷して、印刷物をFAX送信するのではなく、

パソコンで作ったデータはパソコンからFAX機へ直接送りFAX送信する、印刷しない。
   

FAX機は受信したデータをメールでプロバイダーに送る、メールの添付ファイ

(PDFファイル)としてパソコンのメールソフトで受信・確認する、印刷はしない。

迷惑FAXが来たらパソコン上でPDFファイルを消去する、これが迷惑FAX対策

近年、使う時以外は電源をOFFにしているので、迷惑FAXの入り込む余地がない。
   

この間、一切印刷していない、紙やインクの無駄遣いを大幅に抑制できます。

気になるのは電話料金、使わなくても基本料金はかかる、む~ん!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

複合機は、FAX送受信、メール送受信、カラーコピー、プリント、スキャンなどができる。

筆者は、プリントとスキャンがメイン、コピー、FAXはオマケという感じです。

FAXの使用頻度は益々低下している。

使用時以外、メイン電源はOFF、先方からFAXを送る連絡があればスイッチを入れる。

だから、消費電力が少々増えても問題ない。これは、大震災以前からやっている。

スキャンするにしても、ネガや古い写真をスキャンする場合はスキャナー専用機を使う。

          004005a

               CanoScan 9950FV

それにしてもFAX複合機は図体がでかい、その上重い、IR C2020F機で87Kg

記されている。この大きさが災いして、震災時は部屋中を暴れまわって凶器と化す。
   

筆者のような素人がチョット見ても、複合機は無駄なスペースが多い、工夫して

専有床面積を半分ぐらいにできるはず。どこでも複合機はプリンター専門でしょう。

だったら、もっと小型にできる。

パソコンは小さくするために技術改良が頻繁に行われている、使いやすいか否かは

別にして、ディスプレー内に組み込まれたパソコンまで存在する。

FAX複合機はどうだろうか、完成型なのか? トンデモナイ。

複合機はその大きさで、事務所の全てを取り仕切っているかのように存在を誇示する。

パソコンの利用頻度に比べてFAX機の使用頻度が、いかに少なくなったか考えれば

自ずと大きさも決まってくるはずだが。
   

光回線が普及していて、文書や画像をメールで送れる時代、今更電話回線を使用した

FAX送受信をするんだろうか、無駄なことをしているとしか思えない。

メールであれば文書も写真も動画までカラーで綺麗なまま送れる、

FAXは白黒、写真は画像が潰れて物によっては判別がつかない。

その上、ネットのように月額利用料金が定額で使い放題と、使うたびに課金される

電話回線では勝負は付いている。その上、電話回線を1本専有することになる。

    

複合機のFAX機能は現時点で十分充実している、筆者としてはプリント、コピー、

スキャン機能の更なる充実と、何より小型軽量化への進化に期待しています。

 

 

 

2012年1月 7日 (土)

新パソコン製作とスーパーセキュリティZERO

雨漏りの修理屋のブログ

ブログ「新パソコン製作前夜の困惑」で書いたように、2011年暮れに新64bitパソコンの

製作を行いました。省エネ、低予算、64bit、スタンダードパソコンの製作です。

CPUの予定はAMDでしたが、Intelの方が省エネのようですから変更しました。

CPU → Core i5 2400S

CPUクーラー → リテール品

マザーボード → ASUS P8Z68-M PRO

メモリ → コルセア CMX8GX3M2A1333C9 PC3-10600 (DDR3-1333) 4G×2枚

SSD → クリーシャル Crucial m4 CT128M4SSD2 (OS用)

HDD → 自宅在庫品1.5G (データ用)

ケース → サイズ HELIOS

以上簡単な構成ですから1時間ほどで完了します。

            Cimg1110_3_3   
     上が新作の64bitパソコン、下はサーバーに改造するパソコン

         Crystaldiskmark1_2
              CrytalDiskMark測定結果

64bit製作前に現用の32bitスタンダードパソコンの掃除を行いました。

2年間積み重ねた盛り沢山の埃、驚きです。

棚を整理・清掃してすべてのパソコンを設置します。

何の問題もなくすべてが起動、順調です。 

----------------------------------------------------------------------

ところが・・・

1週間もしないうちに現用32bitスタンダードパソコンのWindowsが立ち上がりません。

1、Windows拡張メニューから「前回正常起動時の構成」を数度試みるが起動しない。

2、セーフモードで立ち上げ「スタートアップメニュー」のウイルスソフトのサービスを
  停止する。

  <ウイルスソフトはウイルスセキュリティZERO

3、LANケーブルは外します・・・これで起動しました。

4、ウイルスソフトの「ファイアーウオール」を外し再起動・・・起動します。

5、起動後、LANケーブルを接続すると、突然画面がフリーズします。

6、LANケーブルを外し、パソコンを起動させウイルスソフトをアンインストール。

7、新たにUSBメモリーからウイルスセキュリティZEROを再インストール。

8、パソコン内のウイルスチェックを行う。

9、そして、LANケーブルを接続し、ウイルスセキュリティZEROのアップデートを行う。

10、再起動後、ウインドウズは立ち上がりました。

11、翌日、またウインドウズが立ち上がらない。

12、再度アンインストールとインストールを行う。・・・起動する。

オマケとして、Thunderbirdが起動しなくなりました。

一週間ほど経過しましたが、以前ほどの安定感は感じないが、ナントカ動いています。

----------------------------------------------------------------------

驚いたことに・・・

横に置いた新作64bitパソコンも突然起動しなくなりました。

ウイルスソフトは暮れに購入した、新発売「スーパーセキュリティZERO」。

    Top0d2bcd6a28029b8183b5d52b60d514e4  East

これはマズイ。新作64bitパソコンはこれから数年安定してもらわなくては困る。

パソコンが立ち上がった時、スーパーセキュリティZEROの機能は

ウインドウズによって全てOFFにされていました。この時直感的に

新作パソコンとスーパーセキュリティZEROは相性が悪い・・・と感じました。

今回は新作64bitパソコンと云うこともあり、サポートに連絡して対策など、

マッタク考えません・・・アクマデ直感です。

交換しよう、1ヶ月体験版で「ESET Smart Security 5」をインストール。

軽いか、重いかわからないがウインドウズは安定しています。

32bitパソコンのデータをインストール、ウイルスチェックを行う・・・OK。

問題なければ、このまま継続使用するつもりです。

----------------------------------------------------------------------

ここで、セキュリティZEROやスーパーセキュリティZEROを断罪する事は出来ません。

ウイルスソフトは筆者のような素人が考える程単純な構造ではないでしょう。

たまたま、今回のような事象が発生してトラブルになりましたが、

トラブルなく快適に動いているパソコンも数多くあるはずです。かく言う筆者も、

32bitスタンダードパソコンはウイルスセキュリティZEROで2年間動いていました。

今回他社のウイルスソフトでウイルスチェックをしても、ウイルスは検出されません。

ウイルスソフトが複雑になればなるほど、チョットした他のソフトとの接触で

不具合が発生する可能性が高まってきます。10台のパソコンがあれば1台として

同じものはありません。パソコンのOSも32bit、64bit、またXP、 Vista、7、

アプリケーションソフト、外部接続機器のドライバーなど、複雑怪奇に変化しています。

要は、現在使用パソコンの状態に適応できるか、否かの問題だと思います。

適応できれば安いソフトがイイ、誰しもウイルスソフトを好んで入れているわけではない。

適応できないなら他のウイルスソフトに切り替える・・・今回は直観だが。

ということは、ESET Smart Security 5も筆者のパソコンに適応しなければ

他のウイルスソフトと交換することになります。

それでも、ノートンは筆者のパソコン経験初期に苦い思い出があり、

現在でも使用する気になりません・・・。

----------------------------------------------------------------------


   

2011年6月27日 (月)

スイッチングハブで光回線の通信スピード向上・ほんとうか、この数値!

雨漏りの修理屋のブログ

前回は「RWinを増やすこと」で回線スピードの向上を図りました。

今回は別の視点からの回線スピードの向上が行えました。

先日息子が「父の日」にプレゼントをしてくれました。

スイッチングハブで、「BUFFALO LSW4-GT-8EP/WH」です。

       Cimg9832a

息子は以前からスイッチングハブの接続ポートが不足しているのを知ってたからでしょう。

プリンターやスキャナーが増え、いつのまにか接続ポートが不足していましたが、

現用のスイッチングハブ(BUFFALO LSW-TX-5EP)が、壊れたわけではなく、

前回の「RWinを増やすこと」での回線スピードの向上時も、充分に働いてくれました。

おそらく、プレゼントされなければ現用スイッチングハブは壊れるまで使っていたでしょう。

ということで、スイッチングハブを「BUFFALO LSW4-GT-8EP/WH」に交換します。

接続が完了し、ネットに繋いでみると、動きが速い、実感できる早さ。

これは間違いなく回線スピードが向上している。

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

前回と同じサイトで測定してみます。測定時間を決めずに、高い数値を掲載します。

回線は KDDI auひかり niftyギガ得プラン、KDDI光回線が拙宅に入って、屋内端末装置、

ルーター、屋内配線からスイッチングハブ、PCへ、とすべてGigabitケーブル・機器です。

現用PCは2年ほど前の自作機で有線LAN接続、Windows XPでRWinの数値は

BROADBAND SPEED TEST推奨値131070byteにしてあります。

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
  

      BROADBAND SPEED TEST測定値

      下り:205.65Mbps 上り:86.7Mbps

   Speed1

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

      KDDI速度測定サイト測定値

      下り:542.0Mbps 上り:281.8Mbps

          Kddi1_2

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

   価格.com ブロードバンドスピードテスト測定値

   下り:95.3Mbps 上り:93.9Mbps

   Speed_com2

 ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

測定スピードは大幅に向上しています、 体感速度も早い、間違いなく早い。

今まで見たことのない数値です。各測定サイトとも数値に大幅なバラツキはありますが

下り100Mbps以上の数値が記録されたのは驚きです。特にKDDIは自前の回線利用者に

気を遣っているのだろうか、東京測定サーバーで近いとはいえ、とんでもない数値。

この数値は目安になるのだろうか。とはいうものの、数値はともかく、今まで以上に

ストレスなく動くのが気持ちイイ。

私のようなネットの使い方をしている場合は必要のないスピードでしょうが、

オンラインゲームやオンラインTVを利用する場合は有効に作用するでしょう。

また、1G以上の物をダウンロードする時には違いが分かるかもしれません。

スイッチングハブの交換は大成功でした。


 

2011年6月10日 (金)

光回線の通信スピード向上

雨漏りの修理屋のブログ

初期は電話回線を使用し、次にISDN回線を使用しましたが、電話回線とホトンド同じ。

あるとき、キャノンの写真サイトから「あまりにも美しい写真」なので、1枚ダウンロード

しようとしました。(ハッキリとした記憶ではないが、3~4MB程度だっと思います)

ダウンロード開始、昼食を取ってお茶をして戻ってみるとまだダウンロードをしていました。

何十年前の話ではありません、つい十年ほど前の事です。

当時は今ほどネットを利用スル頻度が多くなかったので、それほど不都合は感じなかった

と思います。その後、友人がADSLにしたので見せてもらい、その早さに驚きました。

(彼の住まいはNTT収容局に近い)

当方は、NTT収容局から2K以上離れていることもあり、その頃から「光回線」が

話題になっていましたので、光回線が来るのを待ちました。

NTTから拙宅前の電柱に光回線が来たと連絡をもらい、すぐさま契約をしました。

申し込みから開通まで24日間、待っていた光回線が繋がりました。

当時はパソコンのスペックも低く、OSはWindowsMEと2000を使用していました。

当時のNTT光回線速度は、「実測上り・下り共30Mbps前後」であったと記憶しています。

光回線は何のストレスもなくネットができます。特にISDNからの変更ですから、その早さに

驚きました。友人が拙宅に来て、数分で光回線に変更を決めました。

そして、2年半ほど前にNTT(100Mbps)からKDDI(1000Mbps)に変更しました。

申し込みから開通まで、17日かかりました、早いのか遅いのか中途半端。

変更理由は特にありません。KDDIのほうが少し早いかナ~、ていどの軽い決定。

同じ光回線ですから、使用感触に変化はありません、同じように快適です。

KDDIにしてから回線速度を測定していないので、「BROADBAND SPEED TEST」で測定。

日曜日07時・・・下り:70.9mbps 上り:63.3Mbps

日曜日12時・・・下り:64.7mbps 上り:52.2Mbps

日曜日16時・・・下り:73.6mbps 上り:60.3Mbps

日曜日20時・・・下り:64.8mbps 上り:52.1Mbps

NTT光より数値は高いと思われます。

ところが「RWinを増やすこと」で今以上のスピード向上が望めるようです。

<RWINとは、・・・インターネットで用いるTCPという通信方式では、送信したデータが受信側で正しく受け取ることができたかどうかを確認してから、次のデータを送信します。このときの、一度に送信するデータのサイズをRWIN(TCP Receive Window)と呼びます。>

詳しくは・・・BROADBAND SPEED TESTを見てください。

これ以上のスピードが必要かどうかは別にして、Windowsの設定でスピードが上がる?

そんなことは知らなかった。ダメモトでやってみよう。

問題が発生したら、初期値に戻せばイイ。

東京以外では大幅なスピードアップが期待されるようですが、都内隣接地だとどうなるか。

拙宅は戸建て、現用PCは自作機で有線LAN接続、Windows XPでRWinの数値は

65535byteです。

回線は KDDI auひかり niftyギガ得プラン、オンラインゲーム・オンラインTVはしない。

RWinの数値をBROADBAND SPEED TEST推奨値131070byteにしてみます。

     Dy_tcp

また、インターネットの利用者が増加するピークの午後10時を追加します。

BROADBAND SPEED TEST測定値

木曜日09時・・・下り:72.5Mbps 上り:93.3Mbps

木曜日13時・・・下り:65.5Mbps 上り:92.9Mbps

木曜日16時・・・下り:76.7Mbps 上り:93.0Mbps

木曜日20時・・・下り:44.3Mbps 上り:49.7Mbps

木曜日22時・・・下り:62.0Mbps 上り:92.5Mbps

    Speed_pm10_2

他のサイトでもスピードテストをしてみます。

KDDI速度測定サイト

木曜日09時・・・下り:68.9Mbps 上り:92.5Mbps

木曜日13時・・・下り:68.8Mbps 上り:94.1Mbps

木曜日16時・・・下り:69.6Mbps 上り:91.7Mbps

木曜日20時・・・下り:73.0Mbps 上り:95.3Mbps

木曜日22時・・・下り:67.1Mbps 上り:93.3Mbps

     Speed_kddi_pm10_2

価格.com ブロードバンドスピードテスト

木曜日09時・・・下り:95.1Mbps 上り:67.1Mbps

木曜日13時・・・下り:79.1Mbps 上り:91.6Mbps

木曜日16時・・・下り:95.3Mbps 上り:54.7Mbps

木曜日20時・・・下り:95.3Mbps 上り:81.9Mbps

木曜日22時・・・下り:82.9Mbps 上り:50.5Mbps

   Speed_com_pm10

測定スピードは早くなっている。 体感速度は、速くなったかナ~、くらいの感じ。

1G以上の物をダウンロードする時には違いが分かるかもしれませんが。

NTTひかり時代は「上り・下り共30Mbps前後」でしたから、オンラインゲームや

オンラインTVを利用しない者からすれば、実質「上り・下り共30Mbps前後」のスピードが

あれば、使用上のストレス、違和感はナイ、充分と云うことになります。

スピードテストはサイトによって、時間によって、時には数分違っても結果が大幅に違います。

結果はあくまで利用環境での速度の目安という意味合です。

多くの人が光回線に乗り換えて光回線が混み合い、逆にアナログ回線が空いてADSLの

通信速度が上がっているようです。

拙宅などの使用環境でNTT収容局の近くならばADSLは賢い選択かもしれません。

とりあえず、RWinを増やす作業は成功とします。

----------------------------------------------------------------------

ひかり回線のスピードアップには続きがあります。

スイッチングハブでスピードアップ・・・ほんとうか?この数値

   

   

2010年9月22日 (水)

OnInVoke /Invoke:Id=9の再来

雨漏りの修理屋のブログ

OnInVoke /Invoke:Id=9について」の続き

 A  B

※ 追記・・・スクリプトの再来

「油断大敵」と言いますが、4日目の夜突然出ました。完全に当てが外れました。

原因と思っていたモノが原因ではなかったのか。しかし、4日間何故でなかったんだろう。

サ~どうする、・・・ド~セわからないんだから、今度はウイルスソフトを疑ってみよう。

「ウイルスセキュリティZERO」を削除して他社のウイルスソフトを入れてみようか。

他社のウイルスソフトだったら何にしようか、ネットで情報収集。ウイルスソフトは各社30日間の

お試し期間があるので、片っ端から30日ずつ入れ替えて試してみようか。

………………………………………………………………………………………………

その前に、既存の「ウイルスセキュリティZERO」を削除して新たに新品をダウンロードして

再インストールしてみよう。それでも出るようであれば他社のお試し期間に移ろうと考えました。

「ウイルスセキュリティZERO」のダウンロードはシリアル番号がわかれば簡単にできます。

既存の「ウイルスセキュリティZERO」を削除、新たにファイルをダウンロードし、

インストールします。驚いたことに「ウイルスセキュリティZERO」を入れ替えると、

以前よりパソコンが何故か安定しています、マッタク違います。

起動時間も驚くほど短縮され、オフィスソフト、写真ソフトの起動も速い。

言い方が適当ではないが「パソコンが静かになった」気がします。

ウイルスソフトも時々リニューアルした方がいいのだろうか、

コレダケ違うとチョット考えさせられます。

まさか、ウイルスセキュリティーを継続使用していると「垢・劣化・断片」が溜まり、

それが引き金となってスクリプトが出てきた、と云うことはないでしょうね。

あまりにもパソコンが安定している、スクリプトは出てこない、とすれば

そんな気持ちにもなります。少なくとも、「ウイルスセキュリティZERO」を長期間使用して、

パソコンがモタツク、調子がイマイチの方はリニューアルしてみたらどうでしょうか。

コレはお勧めです。(あくまでも自己責任で)

………………………………………………………………………………………………

ウイルスソフトを入れ替えて、関門の4日目も出ません。

しかし「OnInVoke /Invoke:Id=9」は正体不明なので、今回が正解という確信はありませんが、

今の様子ですと、ニフティーのスクリーンセーバーは冤罪ということになります。

ウイルスセキュリティーも冤罪か?

あくまで、スクリプトが出ない方法が正解と勝手に決めつけている対症療法です。

また、「ウイルスセキュリティZERO」が良い悪いと云う短絡的な結論にもなりません。

(再度:ソースネクストの関係者ではありません)

今後も状態により暫時追記します。

………………………………………………………………………………………………

追記・・・入れ替えて1週間、スクリプトは出ません。PCは非常に安定しています。

追記・・・入れ替えて2週間、スクリプトは出ません。

追記・・・入れ替えて3週間、スクリプトは出ません。

追記・・・入れ替えて4週間、スクリプトは出ません。

追記・・・入れ替えて5週間、スクリプトは出ません。

スクリプトが出ないので週間追記は完了とします、又でたら追記します。

………………………………………………………………………………………………