無料ブログはココログ

« 音に酔う | トップページ | 自作デスクトップパソコンの騒音 »

2016年7月 9日 (土)

夏に向けてデスクトップパソコンの掃除

パソコンがシャットダウンするとか、再起動を繰り返す状態ではないが

目の前にパソコン本体が鎮座し、正面のケースファンのフィルターが

埃で目詰まりが激しい、サイドパネルから見えるCPUファンも埃だらけ。

ケースファンはフロント2本、トップ1本、リア1本、全て12cm、800rpm、

夏に向けて掃除しておきましょう、今年の夏は暑そう。(毎年同じことを言っている)

ついでに、使ってないケースファンがあるので、サイドパネルに取り付けます。(赤丸)   

        Heriosmain3

まず、サイドパネルを両面外します。デスクトップパソコンを庭に出します。

ココで出てくるのが、マキタのブロワー。何と大胆な掃除でしょうか。

パソコンは精密機械であることをスッカリ忘れている。

        Photo_4

このブロワーの強風をデスクトップパソコン内外に吹き付けます。

この風、相当強力です。ケースファンが唸りを上げて回り出しますので、

回転しないように手で止めて風を当てないと、こびりついた埃は取れません。

全ての埃がすっ飛びますが、ご近所迷惑も甚だしい。

非常に簡単です。この後掃除機と刷毛で落ちなかった埃を取ります。

その後、全てのケーブル接続部分を丹念に検査します。

CPUファンケーブルが電源コネクト部分から強風で外れる寸前でした。

こういうことがあるので、掃除後の点検は非常に重要です。        

        Photo_5

掃除後のパソコンの状態は、殆ど変わりません、CPUの温度も変化なし。

ケースファンは12cm、800rpmですから、音は非常に静かです。

また、サイドパネルに追加取り付けた12cm、1000rpmのファン、

3ピン接続ですから恐らく1000rpmで回っているはずですが、

増設したことがわからないほど静かです。

部屋の換気扇(低速で運転)のほうがウルサイ。

これでパソコンのホコリ落としは終了、暑い夏を乗り切れそうです。
 

※  しかし、この方法あまりお勧めできません。強風で細かい塵がPC内の細部に
   入ってしまうことも予想されますから、短時間で出来ますが危険。
   パソコンは精密機械です。
   

 

« 音に酔う | トップページ | 自作デスクトップパソコンの騒音 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/63891784

この記事へのトラックバック一覧です: 夏に向けてデスクトップパソコンの掃除:

« 音に酔う | トップページ | 自作デスクトップパソコンの騒音 »