無料ブログはココログ

« IE11へのUpdate阻止 | トップページ | 丈夫な浴槽/ステンレス浴槽/タカラスタンダード »

2014年4月16日 (水)

iTunesで音声ファイルをカット編集する

雨漏りの修理屋のブログ

Radikaでクラシックを録音しています。

録音する内容で拡張子<MP3、M4A、PCM、FAC、AAC>を変更します。

今回のファイルは「m4a」で録音してあります。

画像1Itunes5
 

ファイルの前後は不要なので切り取ろうかと思い、ソフトを探しました。

風のウワサでiTunesならカットが出来ると聞いたのでトライしてみました。

ipadを使いますから”iTunes 11.1.5 for Windows (64-bit)”は必需品、

既にインストールされています。

画像2Itunes1_2_3
 

iTunesのウインドウ内に編集する音楽ファイルをドラッグアンドドロップします。

すると下の写真のようなウインドウに変わります。

画像3Itunes2_2_5

再生してみます、このファイルの場合は全部で1:55:39かかります。

全部聴くことはありません、スライドを動かして再生時間を早めます。

時間の確定は画像2のファイルの開始時間と停止時間を見極めて決めます。

ファイルを数個に分割する場合は各々の開始時間と停止時間をメモにとり

一つ一つ丁寧に開始・停止時間を画像5に記載し順序良く行います。

本ファイルの前部は0:00~1:35までは不要、後部は1:54:05以降は不要です。

前後のいらない部分をカットして中を残す作業です。
 

カット後、iTunesはAAC/AIFF/Apple/MP3/WAVファイルに変換できます。

メニューバーの「編集」→「設定」→「一般環境設定」→「一般」→

「CDをセットした時の動作」の右にある「インポート設定」をクリックすると、

下の画像4のようにプルダウンメニューが出てきますから好みの拡張子を選択します。

今回はWAVに変換します。

画像4Itunes3
 

カットはメニューバーの「ファイル」→「プロパティ」→「オプション」の

開始時間・停止時間に時間を記入し、チェック入れて「OK」をクリックします。

今回は開始時間「1:35」停止時間「1:54:05」となります。

画像5Itunes8_2
 

次に画像6のようにカットするファイルを右クリックする、

画像6Itunes4_2

プルダウンメニューの「WAVバージョンを作成」をクリックするとエンコード作業が

始まります。2時間近くの音楽ファイルですが1分半ほどで完了します。

1;55:39(サイズ:40.4MB)のファイルが1:52:30(サイズ:1.25GB)になりました。

画像7Itunes6
 

これでは車のSD(8GB)に入れるには大きすぎますから、「MP3」に再変換します。

「MP3」への変換は同様に「インポート設定」をクリック「MP3」を選択します。

私の場合、ビットレートを「192kbps」に、サンプルレートは「48,000KHz」。

エンコードしたファイルは「サイズ:154.6MB」で音も上出来の感がします。

画像8Itunes9
 

このファイルには4曲が録音されています。上記作業の繰り返しで4曲を別々に取り出す

ことも可能です。簡単にできますからトライしてみてください。

 

 

 

« IE11へのUpdate阻止 | トップページ | 丈夫な浴槽/ステンレス浴槽/タカラスタンダード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/59479377

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesで音声ファイルをカット編集する:

« IE11へのUpdate阻止 | トップページ | 丈夫な浴槽/ステンレス浴槽/タカラスタンダード »