無料ブログはココログ

« IE10の Update・TVtestの画像がでない | トップページ | PCやガラケーでdocomo Wi-FiユーザID・パスワード/検索方法 »

2013年8月 1日 (木)

消えた“Touch&Goセンサー”/エレコムM-HS1DBBK

雨漏りの修理屋のブログ

マウス騒動の続き 「USBレシーバーが抜けない-ELECOMのマウス:M-HS1DB

そもそも、事前に調べもしないで、カタログでマウスを購入したことが原因だが・・・。

マウス本来の姿は、マウスを忘れて動かしている、マウスを意識しないで操作できる、

できれば、寸法や重さの好みはあるが、単純で丈夫なマウス、Simple is bestがイイ。

左ボタンが 「進む・戻る」 スクロールで 「上下・左右」 この程度の動きで充分。

無理に無線化する事もない。デスクトップは有線でOK、電波干渉のリスクも回避できる。
 

ELECOM<M-HS1DBBK>を接続して痛感するのは、有無を言わさずの省エネは迷惑。

マウスがスリープするたびに、意識がマウスに集中する。

その上目覚めの悪いマウスとくれば使いようがない。

[Touch&Goセンサー]は乾電池の省エネに特化した装備だが、

扱いにくさを伴った省エネは、はたして省エネと言えるだろうか。

そして、これだけ悪評の[Touch&Goセンサー]を搭載し続ける理由はなんだろう。

---------------------------------------------------------------

<M-HS1DBBK>は破損したままではマズイので、保証期間内ということもあり、

予備用として、今のうちに修理に出して使えるようにしておきます。
 

修理店はELECOM指定の修理屋ではなく、購入店のIC機器専用の修理屋のようです。

壊れたのはUSBレシーバーだけで、本体は損傷していないが、購入店からは、マウス本体、

レシーバーと保証書、修理依頼書を含むすべてを送るように指示されました。

修理品発送(宅配便だから翌日着のはず)・・・2週間しても戻ってこない。

USBレシーバーの修理で? 新しいUSBレシーバーと交換して送り返せば済むのに、

2週間も何をするんだろう?

サポートに再度連絡しようとした矢先、発送から2週間と2日、16日目に修理品が届く。

新品になっている。マウス底面の<S/N>が修理に出したものと違う。

これだったら、もっと早く新品を送り返せばイイのに。

       Usb2

新品と交換したマウス・USBレシーバーに異常がないか確認します。

設定後、動かしてみます。

マウスは正常に動きます、取り立てて怪しい動きは見えない。
 

ん!あれ!へんだぞ ・・・、[Touch&Goセンサー]が機能していない。
 

薬指と小指を動かしてみるが、自動的にスリープモードへ移行しない。

数分間、マウスを放置してみるが、やはりスリープモードへ移行しない。

[Touch&Goセンサー]は「センサー部分から指が離れる」か「約3秒程度無操作時」に、

自動的にスリープモード(電源オフ)へ移行する・・・はず。

       Touchgo1

機能しないのは大歓迎だが・・・。念のためマウスの品名を調べてみるが間違いない、

紛れもなく、あの悪名高いELECOM<M-HS1DBBK>だ。
 

訪問者があったのでPCから離れて20分程して戻り、マウスに触っても、

タイムラグなしに動く、[Touch&Goセンサー]は全く機能していない。

1時間ほど食事に出る、戻ってからマウスを動かす、・・・動く。

一昼夜動かさずに放っておく、・・・・・カーソルは遅滞なく動く。

間違いない、[Touch&Goセンサー]は内部でキャンセルされている。

     喜ぶべき [Touch&Goセンサー] の消滅。

 

修理完了報告書の処理内容には「製品交換致しました」と記載されている。

交換しただけなら、[Touch&Goセンサー]は生きていなければならない。

それが完全にキャンセルされている。なんだか、狐につままれた感じ。

修理依頼書にUSBレシーバーの破損と、マウスの使い難さをA4紙2枚に書き連ねたのを

修理担当者が見て、気を利かし[Touch&Goセンサー]をキャンセルしてくれたか。

いずれにせよ、ELECOM<M-HS1DB>は大変身して戻ってきた。数日間使ったが良好、

[Touch&Goセンサー] キャンセル仕様はありがたい、歓迎すべき改造。

        K0000395256_0003

バッテリー(乾電池)の使用期間はわからない。

メーカーのバッテリー仕様は・・・・・
想定電池使用期間:約387日 
※ 1日8時間のパソコン操作中5%をマウス操作に割り当てた場合
連続動作時間:約181時間   連続待機時間:約833日・・・・・となっている。

キャンセルしたので、使わないときはマウス底面のスイッチをOFFにするだけの省エネ。

よしんば電池使用期間が半分以下になっても[Touch&Goセンサー]キャンセルは大歓迎。

扱いやすさにおいて「天と地ほどの隔たり」がある。

 
        Bsmbu09
                                      BUFFALO BSMBU09BK
 
現用マウスは「Microsoft Wireliss IntelliMouse EXplorer」を中断して、

友人から頂いた「BUFFALO BSMBU09BK」 有線を使用している。ちょっと小振りだが、

絶妙なバランス、非常に扱いやすく、安価だが侮れないマウスです。

開闢以来ズ~ト大型重量マウスを使ってきたが、軽量中型マウスも慣れれば悪くない。

修理してもELECOM<M-HS1DB>は予備、しばらく常用は「BUFFALO BSMBU09BK」となる。

 

  

« IE10の Update・TVtestの画像がでない | トップページ | PCやガラケーでdocomo Wi-FiユーザID・パスワード/検索方法 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/57892178

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた“Touch&Goセンサー”/エレコムM-HS1DBBK:

« IE10の Update・TVtestの画像がでない | トップページ | PCやガラケーでdocomo Wi-FiユーザID・パスワード/検索方法 »