無料ブログはココログ

« ガラケーSPモードでdocomo-Wi-Fiをipad miniに! | トップページ | IE10の Update・TVtestの画像がでない »

2013年7月15日 (月)

USBレシーバーが抜けない-ELECOMのマウス:M-HS1DB

雨漏りの修理屋のブログ 

常用のマウスは「Microsoft Wireliss IntelliMouse EXplorer」を使用している、

大きさと重さが気に入って、買い換えながら長いことIntelliMouseを使っている。

現在はこのタイプは販売していないようです。このマウス、近頃ご機嫌が悪い時がある。

特にスクロールするとき、少々引っかかりがある、寿命なのかな~。

 

勝手な思い込みですが、マウスの決め手は、大きさ、重さです。

手は大きい方ではないが、それにしても近頃のマウスは小型化している。

大きさと長さが重要、140~150mmは欲しい。重さは、140~150g程度は必要、

マウスの高さは最重要ではないが、40~45mm程度あればOK。

デスクトップ機の場合、ワイヤー、ワイヤレスは決め手にならない。

モバイルに小型マウスは便利だが、デスクトップ機には大型マウスが好ましい。

 

なので予備のマウスとして、手元にあった広告を見て、ELECOMの「M-HS1DB」を購入、

寸法は許容範囲、重量が少し軽い、でワイヤレス。

        Usb2

(幅76.0mm×奥行127.0mm×高さ45.0mm)質量(マウス本体):約98.0g(電池を含まず)

ところが、衝動的に買ったマウスが大間違い、失敗、大失敗でした。

まず、ワイヤレスのUSBレシーバーをPCの空いているUSBポートに入れます。

このUSBポートはMBのバックパネルポートで、増設のUSBブラケットではありません。

USBレシーバーを入れた瞬間にドライバーのインストールが行われます。

それから、ERECOMのサイトから、マウスアシスタント2をダウンロード/インストールします。

ナンカおかしい!!

マウス操作中、突然カーソルがフリーズする、取説にはスリープと記載されている。

マウスを動かしているにもかかわらず、スリープしてしまう、カーソルが止まる。

歩いている途中で、突然眠るか~、あぶね~だろう。

Touch&Goセンサーの誤動作のようだ。この機能は要らない、ありがたくない迷惑な機能。

どうしても機能を付けたいなら、使用の可否を選択するON・OFFをつけるべき。

(マウスを持つと自動的に電源ON、離すとOFFになる“Touch&Goセンサー(TM)”機能)

マウスの右側に膨らんでいる部分(凸)があり、これに触っていると、即ちマウスを動かして

いる状態では、スリープ状態に入らないはずなんだが・・・。

また、(凸)部分の位置が悪い、マウスに触る手の位置によっては指が外れる。

すると、マウスを動かしているにもかかわらず、スリープしてしまう、カーソルが止まる。

 

ここで、USBレシーバーをもっと近く、すなわちデスクトップの前面のUSBポートに入れたら

距離をかせいで、感度が上がって、この無駄な機能の改善にならないか。

PC背面のバックパネルUSBポートからUSBレシーバーを抜こうとしましたが、抜けません。

おや~! あれ~! どうしたの?

半分ほど抜けますが、そこで止まってビクともしません。中で何が起こったのか。

指で抜ける状態ではないので、強引にラジオペンチで引っ張っても抜けません。

そういえば、最初USBレシーバーを入れるとき、違和感があったことを思い出します。

スムーズに入らなかった、ちょっと無理やり入れた感がありました。

 

USBレシーバーを抜くのを止めて、元に押し戻します。

再度、マウスを操作してみると、とんでもないカーソルの動きを見ることが出来ました。

カーソルが四角に時計回りに動いたのです。しばらく見とれます。 素晴らしい駄作。

        1_4

翌日、PCの電源を切った状態で、USBレシーバーをラジオペンチで引きぬきます。

まずIC部分が取れて、金属部分が引っ掛かり抜けませんでしたが、上下に動かしながら

時間をかけて何とか引きぬくことが出来ました。        

         Img_4782

         Img_47841

無理やり引っ張ったのでキズ跡が確認できます。(矢印)

金属部分が変形しています。はじめからUSBレシーバーのドコカが変形していて、

USBポート内部の何かの穴に引っかかり抜けなかったと思われます。

これだと、USBポート内部も変形して使いものにならないでしょう。

このUSBポートはよく使うポートで、普段はなんの問題もなく使用しているポートです。

 

・・・ん! 製造を見ると「MADE IN CHINA」・・・ヤッパリ。
  

------------------------------------------------------
 

USBレシーバーの損傷事件は、意外な結末になりました。

消えた“Touch&Goセンサー”/エレコムM-HS1DBBK」を御覧ください。


 

« ガラケーSPモードでdocomo-Wi-Fiをipad miniに! | トップページ | IE10の Update・TVtestの画像がでない »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/57795165

この記事へのトラックバック一覧です: USBレシーバーが抜けない-ELECOMのマウス:M-HS1DB:

« ガラケーSPモードでdocomo-Wi-Fiをipad miniに! | トップページ | IE10の Update・TVtestの画像がでない »