無料ブログはココログ

« 教育の原点を見る-重要文化財「旧中込学校」 | トップページ | Crucial m4のファームウェアの更新顛末 »

2013年5月29日 (水)

起動後1時間でフリーズする/実は crucial M4 SSDの不具合

雨漏りの修理屋のブログ
 
2013年5月の半ば過ぎ、突然パソコンが不安定になった。
 
それは、パソコンを起動して1時間程度でフリーズしてしまう。
 
そのフリーズ状態も、今まで経験したことのない状態。
 
ソフトやアプリは全く動かない、しかし、マウスのカーソルは動く。
 
その後ブルースクリーン状態になり、電源再投入で復帰するものの、
 
約1時間後に再度ブルースクリーン状態になる。
 
起動後1時間は何の支障もなく全ての作業が可能です。
 
ウインドウズ7のバグか、OSの一部が破損した可能性があると思いました。
 
取り立てて何かをインストールした記憶はありません。
 
直前にウインドウズのアップデートはありましたが、・・・
 
 
Cドライブのバックアップは取ってありますが、
 
やっぱり、OSの再インストールが効果的です。
 
数日間の準備のあと、OSの再インストールを行いました。
 
再インストール後、・・・1時間ほどで再度ブルースクリーン状態になる。
 
治っていない、これはどういうことだ!
 
OSの障害じゃないのか、原因はなんだろうか、
 
直感でSSDがクサイ!
 
        K0000248009
 
 
早速、サブパソコンでCrucial製SSD(m4)について調べました。
 
ありました!  これです。
 
2012年01月20日
 
Crucial M4 SSD 不具合とファームウェア更新のお願い
 
Crucial製SSD(m4)及びCFD製SSD(S6NM4Q)のFirmware更新のお願い
 
Crucial製SSD(m4)において、ファームウェアのバージョンが0009以下の場合、
 
使用時間が5,184時間(1日8時間使用で約1年8ヶ月)を超えると SSDが認識されなくなり、
 
ブルーバック状態になります。 その後PC電源再投入で復帰しますが、
 
約1時間後に使用時間情報が SMARTに送信され、同様のブルーバック状態になります。
 
以降その繰り返しとなります。ファームウェアを0309以上にアップデートいただき、
 
ご使用いただきますようお願いいたします。
 
 
使用SSDは <crucial 124GB> <ファームウェア:0009> <使用時間:5908時間>
 
不具合のお知らせ通りに今回の事象は起こるべくして起こったことになります。
 
0001~0002~0009(これを購入)~0309~000F~040H~070H(2011年/5月現在)と移行。
 
<0309>から改善されたようですが、ギリギリ不具合品を購入したことになる。
 
 
泣き言を言ってないでアップデートしましょう。
 
crucial M4 SSDはCドライブとして使用、バックアップもとってあります。
 
また、対象パソコンはデスクトップなので、AC電源です。
 
OSはウインドウズ7(64ビット)ですからウインドウズ上から
 
Firmware Update Utilityを使ってアップデートします。(数分で終わります)
 
めでたくアップデート完了、ファームウェアは<070H>になりました。
 
       その後1時間タイマーは改善されました。
 

CrystalDiskInfoのデータ

 
       Crystaldiskinfo1
            アップデート前のデータ
 
       Crystaldiskinfo2
            アップデート後のデータ
 
 

CrystalDiskMarkのデータ

 
        Crystaldiskmark1 
              アップデート前のデータ
        Crystaldiskmark2
              アップデート後のデータ
 
それにしても、人騒がせな話だ。
 
(ファームウェア更新は自己責任で)
 
 
 
 
 

« 教育の原点を見る-重要文化財「旧中込学校」 | トップページ | Crucial m4のファームウェアの更新顛末 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/57481439

この記事へのトラックバック一覧です: 起動後1時間でフリーズする/実は crucial M4 SSDの不具合:

« 教育の原点を見る-重要文化財「旧中込学校」 | トップページ | Crucial m4のファームウェアの更新顛末 »