無料ブログはココログ

« 旅館も旅館なら、客も客 | トップページ | 迷惑FAX対策/IR C2110FからIR C2020Fに機種変/複合機にもの申す »

2012年5月19日 (土)

蛍光灯とLED/自己流の選択

雨漏りの修理屋のブログ

拙宅のキッチン、ダイニング、リビング兼用の部屋(13.5畳程度)、

シーリングライトが限界に近づいた。30W丸型蛍光灯が5個付いたものだか、

すでに3個が点かない。20年近く使っていれば仕方ないか!

      Hm5812teph

数年前から限界がきたのは承知していたが、現在のシーリングライトは

屋内配線が器具に直付けなので、照明器具だけの取り替えができない、

免許を持った電気屋さんに依頼するしかない。

 

近頃家族のブーイングが大きくなったので、重い腰を上げることにした。

取り替えるならLEDかな?、と考えたがネットで見るとLEDシーリングライトの

盛り上がりがイマイチ、思いの外LEDが優位に立っていない、何故だろう。

これは調べてみるしかない。LEDと蛍光灯の現状はどんな具合になっているのだろうか。

LEDシーリングライトに対する消極的な意見をまとめると、次のようになる。

LEDは:値段が高い、言われるほど省エネではない、壊れたら本体まるごと交換になる。

値段が高いのは納得するとして、言われるほど省エネではないとは聞き捨てならない。

LEDは省エネだときいてきた、あれは「嘘」だったのか。

 

LED:パナソニックの最新型HH-LC710Aで~12畳用、

・・・<固有エネルギー消費効率68.5lm/W(5000lm・73W 

蛍光灯:パナソニックの最新型スパイラルパルックシーリングライト HHJZ1321で8~12畳用、

・・・<固有エネルギー消費効率124.3lm/W(9320lm・75W

 

LEDと蛍光灯では発光面の違いがあるので数値だけでの判断は危険だが、

ほぼ同じ電力消費量の LED(73W) と蛍光灯(75W) をムリヤリ比べてみると、

LEDはエネルギー消費効率は約55%、明るさは約53%しかない、

電力消費量は2WだけLEDが有利エ~エ~!!!

蛍光灯と大差ないどころではない、蛍光灯のほうが効率がよく大巾に明るい。

消費電力はほとんど同じで、蛍光灯のほうが明るい、LEDは効率が悪いのか。

それじゃ、ランプ交換に大きな差があるんだろうか、LEDは40,000時間交換不要、

蛍光灯スパイラルパルックシーリングライトは20,000時間。

 

1日の 1/3 照明を点けたとして、

L E D は・・・40,000時間÷8時間=5,000時間÷365日=約13.7年

蛍光灯は・・・20,000時間÷8時間=2,500時間÷365日=約6.85年

 

LEDは蛍光灯の2倍長持ちする、あくまでメーカーが示した数値。

LEDシーリングライトが出まわってから13.7年は経っていない、何年もつかわからない。

現用蛍光灯は、曲がりなりにも20年近く持った。歴史が浅いLEDシーリングライトは

果たして何年持つだろうか。LEDは40,000時間持つはずだが、その前に壊れたら

ランプの交換はできない、器具ごと新たに購入することになる。

蛍光灯はランプの交換は簡単、スパイラルパルックシーリングランプで5,000円程度。

数万円はするLEDシーリングライトの器具ごと交換するのとは大きな差がある。

 

蛍光灯は長く使っていると明るさが落ちてきます、LEDはどうだろうか、

LEDも蛍光灯も同じように明るさが半分に落ちたとすると、

蛍光灯が<4660lm>、LEDは<2500lm>になる。(適用畳数

広い部屋だと蛍光灯はまだ使えるが、LEDは暗くて使いものにならない。

こういう事態が何年後に訪れるか、新規の製品だけにまるで分からない。

蛍光灯はランプ交換で元に戻る、LEDは器具ごと買い換えないと元に戻らない。

 

掃除のしやすさはどうだろうか、

拙宅のシーリングライトの下では週に1~2回鉄板焼きか焼肉をする、その上愛煙家。

蛍光灯のランプは外して雑巾で拭けば綺麗になる、カバーは丸洗いできる。

LEDも同じように掃除できるのだろうか?カバーは外れないようだ。

パナソニックのLEDページにはカバーについての注意書きが記されている。

はっ水はつ油樹脂と帯電防止剤を組み合わせた当社独自のキレイコートを
カバーに採用。汚れはもちろんホコリも付きにくく、軽く拭くだけでキレイになります。
注)キレイコートは薄い皮膜で形成されています、強くこすると効果が減少する場合があります。
注)経年劣化により効果は多少減少します。(使用環境により程度は異なります。)
注)全ての汚れに対応でききません。染料やタバコのヤニ等には効果がありません。

・・・・・とても掃除しやすいとは思えない。

 

実際に量販店を3件ほど覗いてみたが、ヤッパリ蛍光灯のほうが明るい。

歳を重ねると、新聞や本を読む時、若い頃より明るくないと文字がみづらい。

その意味でも蛍光灯に軍配が上がる。

シーリングライトの売り場には多くのメーカーの製品が展示されていたが、

メーカーによって発光体のようすがマッタク違うのには驚いた、規格が統一されていない。

ランプ交換ではなく器具まるごとの交換であれば規格を統一する必要がないんだ。

 

自己流選択は、蛍光灯とLED、シーリングライトとして使用するのであれば、

2012年時点で蛍光灯のほうが有利とみた。今回は蛍光灯に決定。

スパイラルパルックシーリングHHJZ1320に決め近くの量販店に取り付け込みで注文した。   

     1320  

LEDは開発途上の製品だが使用する場所によっては間違いなく省エネになる。

現に筆者も玄関灯や蛍光灯のナツメ球、卓上ランプなどに利用している。

家中の照明すべてLEDで省エネではない、用途によって賢くLEDを取り入れていきたい。


   

« 旅館も旅館なら、客も客 | トップページ | 迷惑FAX対策/IR C2110FからIR C2020Fに機種変/複合機にもの申す »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/54746139

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光灯とLED/自己流の選択:

« 旅館も旅館なら、客も客 | トップページ | 迷惑FAX対策/IR C2110FからIR C2020Fに機種変/複合機にもの申す »