無料ブログはココログ

« サンルームの雨漏り | トップページ | ガソリンカード・ETCカードの考察/失効ポイントの行方 »

2012年3月10日 (土)

SH-05Dに機種変更/放射線測定機能付き携帯電話

雨漏りの修理屋のブログ

携帯電話の調子が悪い、5年は超えたが何もなければ10年でも使いたい。

携帯電話は通話の使用が多く、メールやネットはパソコンで用が足りる。

通話が多いといっても最低プランでも余りが出るほどですから

高額な携帯に買い換えるなどということは筆者にとって清水ものです。

しかし、調子が悪い。先月も出先で症状が出て近くのドコモショップに出向いたが、

ショップでは症状がでない、いつも症状が出るわけではない。思いついた症状だけでも

1,電話が掛かってきて、出ると切れる。

2、電話をかけて話し中に突然電話が切れる、電源がOFFになる。

3、携帯を開けると電源がOFFになっている。

4、いつの間にか端末暗証番号がデフォルト設定になっている。・・・などなど

----------------------------------------------------------------------

拙宅近くのドコモショップへ修理依頼、すると保険に加入していないので修理費が

高額になる、買い換えたほうが良策とのこと。近々、期限消滅するポイントもあるので、

この際交換しようということになりました。交換するなら現用 SH703i が5年数ヶ月利用

できましたので新機も同メーカーのシャープにするつもりでいました。

はからずも「SH-05D」が発売されたばかりということで購入に踏み切ります。

            Sh05d_2    

機種が決まれば、次はプランの選択です。バリュープランかベーシックプランの選択です。

バリュープランのほうが安いので決定、これで終わりかと思ったら

1ヶ月のサービスプランですと言って、次のような7プランをつけてくれました。

このサービスを拒否すれば、機種の値引き3000円がなくなると、おどされます。

サービスを拒否するなとは、妙なおどしだが先方の魂胆は先刻承知。

1,ゆうゆうコール → 今まで契約していましたが、これは解約します。

2、パケホーダイ ダブル/シンプル → ネットはパソコンでしますから「不必要」

3、iチャンネル → まるで必要がない

4、iコンシェル → 同 上

5、ケータイデータお預かりサービス → 同 上

6、ドコモ地図ナビ → 同 上

7、ケータイ保証お届けサービス →  

  解約できるが、解約すると再度加入はできないと再びおどされる。

  旧ケータイは5年間使用したが、調子悪くなったのは5年近くなってからの現象。

  5年×294円=17.640円、これに1回目本人負担金5.250円を加えると22.890円、

  ほとんど新品が買える。運良く保険対象になっても代替え携帯は新品ではなく  

  リフレッシュ品となる、なにか判然としない。

  保険は計算できるものではないが、今までの経験から推測するしかない。  

  → これも却下

  ※ スベテ解約しました。

----------------------------------------------------------------------

  gooの「あまり使わない携帯電話の機能ランキング」では

1 動画再生

2 おサイフケータイ機能(Edy、モバイルSuicaなど)

3 テレビ電話

4 ワード/エクセル/PDFビューアー

5 録画(ビデオカメラ機能)

6 PCサイトビューアー(フルブラウザー)

7 音楽再生

8 赤外線通信

9 バーコードリーダー

10 アプリ (ゲームなど)

他のサイトでも「あまり使わない携帯電話の機能」に

ホームページ、電卓など文房具、時計、着うた・着メロ機能、写真、アラーム、キャッチホン

カレンダー・スケジュール帳機能、、歩数や消費カロリーなどの測定機能、などとなっている。

中にはメールやネット閲覧などもランクインしているサイトもある。
    

個人差はあるでしょうが、これらを除いたら「通話機能」だけが残る。筆者のような爺でも

ほんとうに必要で便利な機能ならば、トコトン努力をして使いこなせるようにする。

使わない機能があるとすれば、課金が高額であるか、本当に利用者が必要としていない、

否、両方かもしれない。さりとて、必要な機能だけ搭載した安価な携帯があるわけではなく、

悲しい哉、使わない機能満載の高額な電話機を使わざるを得ない。

★‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<放射線測定機能付き携帯電話機>

原発事故以来、携帯電話に期待している機能がある、「放射線測定器能」である。

原発事故は終息したわけではない、放射能汚染は続いている。

総務省の調査で携帯電話の普及率が日本の総人口を上回った。

2~3台所有している人もいるので、国民全員とはならないが、ほぼ全ての国民が

確実に身につけ、尚且つ移動している携帯電話を利用しない手はない。

携帯電話に内蔵されれば単独の放射線測定器と両方を持ち歩く必要がない。

携帯電話に「放射線測定器能」が内蔵されSDメモリに記録できれば、秒単位での

放射線被曝量がわかる、全国至る所の放射線量が測定できます。

携帯電話には大容量SDメモリを装着することができ、今回機種変更したシャープ

SH-05Dでは32GまでのmicroSDHCカードに対応しています、充分すぎる記憶容量です。

携帯電話の所有者は大通りのみならず狭い路地の奥の奥まで携帯を持って移動します。

このデータは貴重です。(改変や悪用しないことが前提ですが)

原発事故に限らず、線量が比較的高めなホットスポットは全国にあると想像しています。

研究者が持つ高性能なものでなく、簡易型で「このあたりチョット変、数値が高い」が

発見できれば大成功。あとは専門家、研究者の出番になる。それによって、

早めの対策が講じられ、子孫に及ぼす影響を最小限に抑えることができます。

データに大きな変化が無いとすれば、こんな安心できることはありません。

原発事故以来、マスメディアの発表する放射線測定値はまるで信用していない。

測定箇所が少なすぎる、少ないデータは信頼するに足らないということです。

携帯電話製造メーカーは大きな重圧を跳ね除け、時には商売を度外視して、

全世界のために、放射線測定機能が付いた携帯電話を作る気はないだろうか、

簡易型であるなら、それほど高額になるとは思えないし、大型にもならない。

携帯電話がお財布の代わりをする時代です、放射線測定機能が携帯電話に付いても

何も不思議なことはない、むしろ時代はそれを求めている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥★ 

« サンルームの雨漏り | トップページ | ガソリンカード・ETCカードの考察/失効ポイントの行方 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/54155635

この記事へのトラックバック一覧です: SH-05Dに機種変更/放射線測定機能付き携帯電話:

« サンルームの雨漏り | トップページ | ガソリンカード・ETCカードの考察/失効ポイントの行方 »