無料ブログはココログ

« intel水冷CPUクーラーの取付奮闘記 | トップページ | Windows XP(32bit)からWindows 7(64bit)への引っ越 »

2012年1月 7日 (土)

新パソコン製作とスーパーセキュリティZERO

雨漏りの修理屋のブログ

ブログ「新パソコン製作前夜の困惑」で書いたように、2011年暮れに新64bitパソコンの

製作を行いました。省エネ、低予算、64bit、スタンダードパソコンの製作です。

CPUの予定はAMDでしたが、Intelの方が省エネのようですから変更しました。

CPU → Core i5 2400S

CPUクーラー → リテール品

マザーボード → ASUS P8Z68-M PRO

メモリ → コルセア CMX8GX3M2A1333C9 PC3-10600 (DDR3-1333) 4G×2枚

SSD → クリーシャル Crucial m4 CT128M4SSD2 (OS用)

HDD → 自宅在庫品1.5G (データ用)

ケース → サイズ HELIOS

以上簡単な構成ですから1時間ほどで完了します。

            Cimg1110_3_3   
     上が新作の64bitパソコン、下はサーバーに改造するパソコン

         Crystaldiskmark1_2
              CrytalDiskMark測定結果

64bit製作前に現用の32bitスタンダードパソコンの掃除を行いました。

2年間積み重ねた盛り沢山の埃、驚きです。

棚を整理・清掃してすべてのパソコンを設置します。

何の問題もなくすべてが起動、順調です。 

----------------------------------------------------------------------

ところが・・・

1週間もしないうちに現用32bitスタンダードパソコンのWindowsが立ち上がりません。

1、Windows拡張メニューから「前回正常起動時の構成」を数度試みるが起動しない。

2、セーフモードで立ち上げ「スタートアップメニュー」のウイルスソフトのサービスを
  停止する。

  <ウイルスソフトはウイルスセキュリティZERO

3、LANケーブルは外します・・・これで起動しました。

4、ウイルスソフトの「ファイアーウオール」を外し再起動・・・起動します。

5、起動後、LANケーブルを接続すると、突然画面がフリーズします。

6、LANケーブルを外し、パソコンを起動させウイルスソフトをアンインストール。

7、新たにUSBメモリーからウイルスセキュリティZEROを再インストール。

8、パソコン内のウイルスチェックを行う。

9、そして、LANケーブルを接続し、ウイルスセキュリティZEROのアップデートを行う。

10、再起動後、ウインドウズは立ち上がりました。

11、翌日、またウインドウズが立ち上がらない。

12、再度アンインストールとインストールを行う。・・・起動する。

オマケとして、Thunderbirdが起動しなくなりました。

一週間ほど経過しましたが、以前ほどの安定感は感じないが、ナントカ動いています。

----------------------------------------------------------------------

驚いたことに・・・

横に置いた新作64bitパソコンも突然起動しなくなりました。

ウイルスソフトは暮れに購入した、新発売「スーパーセキュリティZERO」。

    Top0d2bcd6a28029b8183b5d52b60d514e4  East

これはマズイ。新作64bitパソコンはこれから数年安定してもらわなくては困る。

パソコンが立ち上がった時、スーパーセキュリティZEROの機能は

ウインドウズによって全てOFFにされていました。この時直感的に

新作パソコンとスーパーセキュリティZEROは相性が悪い・・・と感じました。

今回は新作64bitパソコンと云うこともあり、サポートに連絡して対策など、

マッタク考えません・・・アクマデ直感です。

交換しよう、1ヶ月体験版で「ESET Smart Security 5」をインストール。

軽いか、重いかわからないがウインドウズは安定しています。

32bitパソコンのデータをインストール、ウイルスチェックを行う・・・OK。

問題なければ、このまま継続使用するつもりです。

----------------------------------------------------------------------

ここで、セキュリティZEROやスーパーセキュリティZEROを断罪する事は出来ません。

ウイルスソフトは筆者のような素人が考える程単純な構造ではないでしょう。

たまたま、今回のような事象が発生してトラブルになりましたが、

トラブルなく快適に動いているパソコンも数多くあるはずです。かく言う筆者も、

32bitスタンダードパソコンはウイルスセキュリティZEROで2年間動いていました。

今回他社のウイルスソフトでウイルスチェックをしても、ウイルスは検出されません。

ウイルスソフトが複雑になればなるほど、チョットした他のソフトとの接触で

不具合が発生する可能性が高まってきます。10台のパソコンがあれば1台として

同じものはありません。パソコンのOSも32bit、64bit、またXP、 Vista、7、

アプリケーションソフト、外部接続機器のドライバーなど、複雑怪奇に変化しています。

要は、現在使用パソコンの状態に適応できるか、否かの問題だと思います。

適応できれば安いソフトがイイ、誰しもウイルスソフトを好んで入れているわけではない。

適応できないなら他のウイルスソフトに切り替える・・・今回は直観だが。

ということは、ESET Smart Security 5も筆者のパソコンに適応しなければ

他のウイルスソフトと交換することになります。

それでも、ノートンは筆者のパソコン経験初期に苦い思い出があり、

現在でも使用する気になりません・・・。

----------------------------------------------------------------------


   

« intel水冷CPUクーラーの取付奮闘記 | トップページ | Windows XP(32bit)からWindows 7(64bit)への引っ越 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/53661026

この記事へのトラックバック一覧です: 新パソコン製作とスーパーセキュリティZERO:

« intel水冷CPUクーラーの取付奮闘記 | トップページ | Windows XP(32bit)からWindows 7(64bit)への引っ越 »