無料ブログはココログ

« AMI BIOS設定・・・Boot・Tools・Exit画面 | トップページ | 13人で作曲したレクイエム »

2011年1月25日 (火)

AMI BIOS設定後のCPU温度

雨漏りの修理屋のブログ

3回に分けてパソコンのBIOSについてのブログを書きましたが、自作PCの一番の問題点は

「熱・温度」をどのようにコントロールしていけるか、真夏の猛暑からPCを守れるか、

「熱暴走」させないか、ということです。

パソコンの「熱暴走」とは、パソコンの集積回路が熱によって誤作動を起す現象です。

パソコンは電気を使って複雑な計算をしているため、発熱状態が続きます。そのため、

通風孔から外部の空気を取り入れて、パソコン内の温度が高くならないようにしていますが、

暑い時期は、室温も高いためパソコン内の温度がなかなか下がりません。

パソコン内の温度が高温になると電気の流れに狂いが生じ、さまざまな誤作動を起こします。

① パソコンの電源が勝手に落ちる  ② 突然パソコンの再起動が始まる

③ エラーが頻繁に発生する   

このような症状が頻発すると、パソコンの寿命が短くなりますし、何よりデータが心配です。

そのため、パソコンはクーラーファンやBIOS ,OSでパソコン内の温度を下げる工夫をする

必要があります。

そこで、2年ほど前に組み上げた現用のスタンダードパソコンで、BIOB設定、確認後の

CPU温度をみてみます。

----------------------------------------------------------------------

パソコンのパーツ:MB(ASUS P5Q)、CPU(Intel Core2Duo E8500)、CPUファン(リテール)  

メモリ(PC2-6400 (DDR 2-800) 4GB)、HDD(500GBと1TBの2台)、グラボ(ファン付き)  

ケース(SCY-598AL-BK)、ケースファン(S-FLEX SFF21G)、DVDドライブ(2台)

ファン数はフロント(HDD前)に12㎝/3pin(1)、リアに12㎝/3pin(1)、マザーボードの裏

(CPUの真裏)8㎝/4pin(1)、電源はケースの底(ファンは下向き)、CPUファン/4pinと

マザボファンをたすと、全部で6本のファンが動いています、ケッコウいい音がしています。

----------------------------------------------------------------------

少々うるさくてもPC内の温度を下げるのが本命ですから我慢します。

この時CPU温度やケースの温度によってファンを自動で調整してくれると若干風切り音が

小さくなり助かります。ところが、室内ではエアコン、換気扇の風切り音のほうが

音は大きいですから、パソコンのファン音はそれ程気になることはありません。
  

パソコン内の通気孔、各ファンに着いたホコリを取ると温度が下がります。

この際だからと、パソコンのフロントパネルだけを外してホコリ取りをしました。

これだけでも、ファンの音は静になります。ホコリ取りはお勧めです。
   

BIOSの設定では

1、CPU Fan Profile [Standard]・・・CPUファンのスピードをCPU温度に応じて自動調節します

2、Chassis Fan Profile [Standard]・・・ケースファンのスピードをケースの温度に応じて

自動調節します・・・にしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASUSのマザーボードには「AI SUITE」が付属していて、CPUなどの温度を測定します。

このソフトを使用して作業中の温度、ファンの回転数などをみてみます。作業内容は

WEB、メール、オフィスソフト、ネガフィルムの取り込み(600枚ほど)、写真の整理

ディスククリーナー、デフラグ程度です。 

 Ondo1

1、パソコン起動直後、 室内温度6℃ 

  CPU温度・・・18℃   System温度・・・25℃ 

  CPU Fan・・・1125rpm   CHASSIS 1・・・540rpm   CHASSIS 2・・・1721rpm   

2、ネガフィルムを600枚ほど取り込んだ後 (PC起動8時間後) 室内温度18℃
  ネガフィルムのプレビューとスキャン時は瞬間的にCPUが<35℃> になりますが、
  直ぐに元に戻ります。

  CPU温度・・・27℃   System温度・・・32℃ 

  CPU Fan・・・1140rpm   CHASSIS 1・・・581rpm   CHASSIS 2・・・1721rpm 

3、パソコン終了時、 室内温度18℃ (土曜日、朝から夜まで17時間PCをON)

  CPU温度・・・23℃   System温度・・・30℃ 

  CPU Fan・・・1140rpm   CHASSIS 1・・・570rpm   CHASSIS 2・・・1739rpm 

4、ディスク クリーナー作動時、  室内温度18℃  
  ディスク クリーナーは温度が上がりますが、デフラグで温度は上がりません。

  CPU温度・・・45℃   System温度・・・31℃ 

  CPU Fan・・・1534rpm   CHASSIS 1・・・577rpm   CHASSIS 2・・・1757rpm

 Ondo4

以前のデータを保存しているワケではありませんが、組み立て時と変化が無いようです。

ファンの数か、部品の性能が良くなったか、現時点では安全な温度になっていると思われます。

特に寒い時期ですからCPU温度は低く安定しています。暑い時期を2回過ごしましたが、

ファンの音は大きくなりますが、大幅な温度の上昇は無かったと記憶しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ASUS EPU-6Engineは電力管理をアシストするツールで、システムの多様な電力要求に応えます。

   Ondo53

このユーティリティには4つのモードがあり、システムパフォーマンスを優先させる、

或いは省電力を優先させる、といった設定が可能です。

なお、「Auto」を選択するとシステムの状態に応じてモードを自動的に選択します

また、CPU周波数、vCore電圧、ファンコントロール等の設定を調節し、

各モードをカスタマイズする事ができます。自作パソコンは「Auto」に設定し、アイコンが

タスクトレイに常駐しています。、負荷の状態に応じて、<歩行者・自動車・飛行機・ロケット>と

変化しますので負荷の状態を瞬時に目で確認出来ます、意外と便利です。

     Ondo61

パソコンの起動した状態は「歩行者」になればOK、作業できます。

今回の、ネガフィルムのプレビューとスキャン、ディスク クリーナー時はロケットでした。

----------------------------------------------------------------------

ASUSの電源管理ソフトウェア「ASUS AI Nap」も使用しています。

食事やお風呂でパソコンを使用していない時の電源消費を最小限に抑えてくれます。

下は1時間半程の食事後「ASUS AI Nap」から退出したときの「ASUS AI Site」の画面、

Ondo9 Ondo7_2a

CPU温度は20℃、朝の起動直後が18℃ですから、このソフトの省エネぶりが覗われます。

また、パソコンをシャットダウンして、1時間半ほど後で起動したときの温度は19℃です。

しかし、「ASUS AI Nap」が機能するまでは、席を離れてから30分程度かかりますので、

省エネ優先なら、Windowsの「スタンバイ」か「休止状態」を利用する方が効果的です。

               Ondo10a

                 休止状態およびスタンバイ

----------------------------------------------------------------------

スタンダードパソコンは、どんなに気温が高くても、長時間の使用でも間違いなく動いてくれる

パソコンです、設定では無茶しません。

ただし、せっかく組み上げたパソコンだから、その能力をフルに発揮させたい、

オーバークロックもしたい、ということであれば別の話になります。各パーツの動作上の

マージンは、得てして予想よりも高いレベルで確保してあります。その余力を、安定性に

問題が生じない範囲で有効利用することも自作パソコンの楽しみの一つです。

機嫌良く動いているパソコンには何かと手を加えたくなりますが、スタンダードパソコンですから

あえて設定変更や、BIOSのアップデートはしないというものも、勇気ある決断といえます。

自作パソコンも奥が深い。

----------------------------------------------------------------------

      Main・Ai Tweaker画面のBIOS設定に続く・・・

      Advanced・Power画面のBIOS設定に続く・・・

      Boot・Tools・Exit画面のBIOS設定に続く・・・

----------------------------------------------------------------------

« AMI BIOS設定・・・Boot・Tools・Exit画面 | トップページ | 13人で作曲したレクイエム »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/50665922

この記事へのトラックバック一覧です: AMI BIOS設定後のCPU温度:

« AMI BIOS設定・・・Boot・Tools・Exit画面 | トップページ | 13人で作曲したレクイエム »