無料ブログはココログ

« こいつぁ春から・・・ATI RADEON X300 SE | トップページ | ZOJIRUSHI/AB-RA22マホービンの保温能力 »

2010年4月23日 (金)

想定エラー/キャノンBJ F9000/廃インクタンク

雨漏りの修理屋のブログ

キャノン「BJ F9000プリンター」の「廃インクタンク」が満杯になりそうだとエラーが出た。

              Image017a  BJ F9000

「廃インクタンク」何のことだ。調べてみると

廃インクタンクとは、プリンター内部にある吸収体(スポンジ)のことを意味する。

ヘッドクリーニングやフチ無し印刷で、はみ出たインクは廃インクとして

プリンターの底下にある廃インクタンク(吸収体・スポンジ・フェルト)に吸収される。

タンクじゃなくてスポンジなんだ、スポンジ・・・絶句。

スポンジの吸収量を測定しているわけではなく、プリンター本体がカウンターを持ち、

吸収体が一杯になる頃を想定してエラーサインを出す、なんと曖昧なエラーサイン。

でも、放っておくとカウンターが定数になり、近い将来プリンターは動かなくなる。

今後も使用するのであれば、カウンターをリセットする必要が有る。

「BJ F9000プリンター」のフロントカバーを開けると、底面にスポンジが敷いてある。

            Cimg8491_2         

あきれるほど原始的な装置だ。スポンジ装置でエラーが、それも想定エラーとは腹立たしい。

「PIXUS ip 5200R」も開けてみると、同じようなスポンジが見える。

              00601011121_2                   

新発売の機種もスポンジなのか、他の策は思い付かないのか、想定エラーを続けるのか。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

サポートに問い合わせてみると、

・・・・・

修理が必要な状態かと存じますが、BJ F9000につきましては、

部品保有期限を過ぎており、修理を承ることが出来ません。

長年のご愛顧を頂いておりますところ、大変恐縮ではございますが

何卒ご了承頂きますようお願いいたします。

・・・・・

ヤンワリ定形文で慇懃無礼な返事がきた。

言い換えると「10年以上使ってんだから、新しいプリンターを買いなさいよ」、ということ。

スポンジで、そんなことを言われて「はい、そうですか」と言っていたら江戸っ子の名が廃る。

「廃インクタンク」のエラー以外、プリンターとしての機能に異常はない。

ナントカしよう、廃インクタンクもイッパイになっているようには見えない。

長い付き合いをしている「BJ F9000」を想定エラーなぞで廃棄するわけには断じていかない。

どうすればよいか、カウンターをリセットしてゼロに戻せば、修理作業成功になるはず。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ネットに沢山の修理方法が記載されているので、まとめてみると、

(BJ F9000には電源ボタン+電源ランプ+リセットボタンがならんでいる)

1,まず修理作業ですから、メンテナンスモードにする。

    電源はOFFの状態から

  イ、リセットボタンを押す、そのまま離さない

  ロ、電源ボタンを押す、そのまま離さない

  ハ、リセットボタンを一度離してから、リセットボタンを2回押す

  ニ、電源ボタンを放す・・・コレデ、メンテナンスモードになります。

2、印刷枚数のリセット、廃インクタンクのデータのリセット、その他のリセット

  イ、リセットを1回押す・・・続いて電源ボタンを1回押す

    プリンターユーティリティのノズルチェックパターンらしきモノが印刷される。

  ロ、リセットを2回押す・・・続いて電源ボタンを1回押す

    いろんなデータを印刷するが、内容はサッパリわからない。

    D=0000になっているのが廃インクタンクのことか?

  ハ、リセットを3回押す・・・続いて電源ボタンを1回押す

    セットアップ情報や印刷枚数カウントのリセットらしいがワカラナイ。

    プリンターはビクともしない。

  ニ、リセットを4回押す・・・続いて電源ボタンを1回押す

    廃インクタンクカウンターのリセットらしいがワカラナイ。

    プリンターはビクともしない。

リセットを7回まで押したがプリンターがビクともしないので、面白みがない、この辺で終了。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

このほかの方法でもリセットを試みている。いずれにせよ、

このようにすると全てのカウンターがリセットするようだが、機種によって違うらしい。

リセットマニュアルが無いのだから、「BJ F9000」では、どの方法が正しいのかワカラナイ。

一息ついて、印刷をしてみる、なんと印刷が出来ない。あまり無茶をしたので怒ったか、

デモここまできたら驚かない。コンなことで驚いていたらキャノン製品とは付き合えない。

半分壊れているので、押せるだけ押してみようと、元来の無鉄砲な性格が頭をもたげる。

メンテナンスモードにしてからリセットと電源ボタンを適当にイロイロ押してみる。

しばらく遊んでから、印刷してみると正常に印刷が出来た。成功したのか?

電源ランプがオレンジの点滅ではなく、緑になって印刷できれば成功だろう。

そのうち、廃インクタンクがイッパイになればインクが漏れてくる、そうしたら買い換だ。

それまではどうしても使うぞ、他にプリンターはあるが、「BJ F9000」が気に入っているから。

メンテから1週間「BJ F9000」は機嫌よく動いている。しかし、キャノンは遊ばせてくれる。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

追記・・・メンテから半年以上経ちましたが、異常なく動いています。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

追追記・・・2012年1月、BJ F9000はWindows7になっても上機嫌で動いています。

使えるものは長く使うのが「省エネ」、これからも大切に利用します。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

« こいつぁ春から・・・ATI RADEON X300 SE | トップページ | ZOJIRUSHI/AB-RA22マホービンの保温能力 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545536/48157845

この記事へのトラックバック一覧です: 想定エラー/キャノンBJ F9000/廃インクタンク:

« こいつぁ春から・・・ATI RADEON X300 SE | トップページ | ZOJIRUSHI/AB-RA22マホービンの保温能力 »